メタバースApp開発

自社及びクライアントの企画をOMO化する手段として、2020年よりメタバースの開発に着手しています。
ビジネスユースを目的としており、会議室(ビル)を想定したマルチプレイのインタラクションを実装しました。
「admin」「主催者」「参加者」が共存し、信頼性の担保とイベントの自生を促します。
メインのフロアに実装されているイベント掲示板、個別プロフィールのソーシャルリンクがそれにあたります。将来的には同じルーム内のターゲットをタグでフィルタリング可能です。

エンタメ要素としては壇上でのピッチを想定したアバター+ストリーミングの演出、会場内の一体感を狙った場内You Tubeモニター鑑賞などの要素を取り入れています。

オブジェクトの出し入れは個単位で可能、自作オブジェクトのアップロードにも対応できます。

マーケティング要素として「記帳台」の設置、アンケート(AB含む)実施などアクセスログだけで解析出来ないアクションにも対応する提案を行います。

参考資料(UIは仮で当て込んでおり実際とは異なります。最新採択情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ten − eight =