🌸 web3導入のソリューションカンパニー

DX/web3セミナー

メタバース体験会、DXセミナーを東急電鉄等の事業会社にて開催致しました。

2020年よりメタバースの開発をスタートしております。
実装寸前で上がってくるご相談の多くが、メタバース空間内での企画運用でした。

もともとPDCAをまわす企画/イベントをビジネスとしてきた故、当初この懸念はすぐに払拭されると感じていました。ところが、弊社が軽量化やアセットの管理に翻弄されている間に、クライアントの一番の課題が企画と運営にある事を認識しました。特にオンライン空間に至っては、運用したいデータの状態の見極めも必要でした。

AI運用したくとも、データ自体が手書き。そんな現場も多々拝見致しました。 OCRでデータ化するよりRFIDが有効、しきい値の見極めが重要課題という状況もありました。必要なことは「何をデジタル化」して「どのように運用するか」であり、ストーリーはそこから始まります。

当然のごとくWEB2.0の課題を継承し、更にWEB3.0を理解する必要が出てきたのが現状です。DXの期限とも言われる2025年を目前として、遅々として進まぬ状況は日本の悪習かもしれません。

弊社はセカンドライフに感化され、今で言う「メタバース」の開発に没頭しました。最近はWEB3.0を中心としたリサーチや、実証実験を行っておりますがまさに1年後も予想だに出来ないのが現状です。
偶然にも弊社のルーツは音楽制作であり、長きに渡り著作出版権と関わるビジネスを行っております。ひしめくWEB3.0のトピックスの中から、出自である音楽やアートに関して何らかの実績を残すことができれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

11 + 17 =